2014年5月アーカイブ

R51/3とR51/2のクランクケースを比べてみました。

R51/3とR51/2のクランクケースを比べてみた

まったくの別物!

This time is a supplement photos of the previous.

The wrong sized front and rear fenders.

front fender rear fender

I’m gonna start the restoration. The first step is to remove all the parts from the gentleman.

remove all the parts from the gentleman

R51/2 was produced in only 2 years of 1950 to 1951 which was the postwar period without much resources. It is the legacy of the postwar turmoil, it combines crankcase(twincam) in prewar and valve using modern valve-spring.

For the ignition coil,it has adopted the high voltage ignition system as same level as four-wheeled vehicles using a distributor.

I have just started the restoration blog!

The first theme is BMW R51/2.
It is one of the 5004 of total production volume produced in only 1950 to 1951. The existing in Japan is said to be 3 to 4.

BMW R51/2
Engine type: Flat twin 4-stroke
Displacement: 494cc
Maximum power: 24PS @5800rpm
Maximum speed: 84MPH (135km/h)

フレームだけにしてみたが、何か違うぞっ!?
先代R51(10年前にレストア済)と比較してみると…

R51はサイドカーを装着するために、フロントフォークの三つ叉にEZステア(イージーステア)を採用しています。

三つ叉はEZステア

これはハンドルを切れば切るほどトレール量が少なくなるという特殊な構造をしています。
通常の三つ叉のシャフトはフォークに対して平行ですが、写真でも判るようにR51/2では数度上部が傾いています。
その理由は…

リアのプランジャーサスのシャフトがどうしても外れない!
バーナーであたためて外す手はあるのですが、フレームにダメージを生じるおそれがあり最後の手段として保留。

プロフィール

プロフィール画像
カガじい
趣味:サイドカーほか
このブログについて:
有限会社ガリュー社長、長谷川可賀のブログです。ものづくり以外にもサイドカーや時計のことなど、ガリューブログとは違った感じの、日々のこぼれ話を中心にのんびり更新して行きます。

カテゴリ

ページ先頭へ戻る