コイルスプリングが収まらない!:BMW R51/2 レストア(16)

| コメント(0)

今回はクラッチのオーバーホールです。
早速クラッチを分解してみると、6本のコイルスプリングが飛び出してきました!

クラッチを分解(1)
プレッシャープレート(1) プレッシャープレート(2)

R50やR60の様なダイヤフラムスプリングではないので、少し厄介だなと思いつつ、プレッシャープレートにサンドペーパーを当てて、焼き付きを取り除きクラッチディスクの厚みを測定します。

クラッチディスクの厚みを測定

仕様範囲の6.5mmはあるのでクリーニングとスプライン部にグリスアップ。

フライホイル(1) フライホイル(2)

いざ組み立てをしようとコイルスプリングを分厚いフライホイルの6カ所の穴に入れてみると、6本全部が斜めにぶら下がってしまいプレッシャープレートの溝に上手く収まりません。 これではどうやっても組み付けが出来ない。専用ジグを作らないとダメかも!?

コイルスプリング(1)

いやまてよ…要するにスプリングが水平に取り付けられれば良いので、フライホイルの穴に合うカラーのかわりにゴムチューブ(熱収縮チューブ)を代用してみることに。

コイルスプリング(2) コイルスプリング(3)

見事水平が出たコイルスプリング!めでたしめでたし!

次回はスポークの組み付けです。

コメントする

プロフィール

プロフィール画像
カガじい
趣味:サイドカーほか
このブログについて:
有限会社ガリュー社長、長谷川可賀のブログです。ものづくり以外にもサイドカーや時計のことなど、ガリューブログとは違った感じの、日々のこぼれ話を中心にのんびり更新して行きます。

カテゴリ

ページ先頭へ戻る